ゐざさ >TOP >サイトマップ >お問い合せ
ゐざさの種類 ゐざさのお寿司 ゐざさと健康 奈良市押熊町平城山店
奈良市春日野町東大寺店
柿の葉すし・ゐざさ寿司の味わい方 ご注文は オンラインショップコンセプト 会社情報 ゐざさブランド 店舗情報

ゐざさの種類
ゐざさ寿司
柿の葉すし
桜寿司
山菜巻
昆布さば鮨
特製ばら寿司
上巻すし
ご注文はこちらへ

奈良・奥吉野で、ゐざさの味は生まれました。

山海の幸に清らかな米、水、空気。奥吉野の風土は、ゐざさの味のふるさとです。自然の恵みを慈しみ、そのままに生かす。この素朴ながらも豊かな奥吉野の味わいを、創業当時から今に継承してまいりました。

ゐざさ寿司

ゐざさ寿司

上北山村の中谷家では、昭和30年代、地域の名産寿司をつくろうと、米を選び、炊き方を変え、酢の味を工夫、さらにどこにもない笹のまき方を工夫しました。そして完成したのが、ゐざさ寿司です。寿司を一枚の笹で包む、オリジナルな三角巻きです。ちょこんとのぞく赤い鮭が、お雛様のように愛らしく、慶事にも喜ばれる美しいお寿司です。

柿の葉すし

柿の葉すし

熊野灘で水揚げされ、浜塩を施した鯖は、背負い籠に詰められ、高い峰を越え、谷川の難所をわたって村々に運ばれました。これをこの地の人々は、薄く切ってご飯の上に乗せ、手近に豊富にあった山柿の葉に包んで重石をかけ、熟成させてお寿司に仕上げ、祭礼の日のご馳走としました。柿の葉に含まれるタンニンの抗菌作用など、先人は知っていたのでしょうか。柿の葉寿司には山里の食の知恵と工夫が凝縮されているのです。

桜寿司

桜寿司

吉野といえば”桜”といわれる土地柄をいかし、桜の葉で包みこんだ清々しい風味の逸品です。
選定された鯛をネタに、シャリには生姜と白胡麻をちりばめました。

山菜巻

山菜巻

山の幸あふれる山菜をたっぷり使いました。
おぼろ昆布でまきあげた自然風味あふれる素朴な味です。

昆布さば鮨

昆布さば鮨

長年培った寿司屋としての目利きにより選定したさばをネタに、肉厚昆布で巻き上げられた風味豊かな名産品です。

ばら寿司

ばら寿司

上方では「すし飯に六分の旨さがある」というように、“はんなり”とした味を追求してきた歴史があります。ばら寿司は、高野、干瓢、椎茸などを使用する事から、上方風のシャリが大変相性が良いとされています。
当店のばら寿司は、八目のお野菜を鶏のお出汁でうま煮にし、穴子、海老と共に散らし、自慢の錦糸卵で仕上げました。

上巻すし

上巻すし

厚焼玉子、高野、干瓢、椎茸、せり、あなご、おぼろを贅沢に使った巻すしです。
当店自慢の寿司シャリとの相性も抜群の味わい深い逸品です。

ページの先頭へ
〒631-0011 奈良県奈良市押熊町2171-1 TEL:0742-48-5000 COPYRIGHT 2007 IZASA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.