ゐざさ >TOP >サイトマップ >お問い合わせ
ゐざさの種類 ゐざさのお寿司 ゐざさと健康 奈良市押熊町平城山店
奈良市春日野町東大寺店
柿の葉すし・ゐざさ寿司の味わい方 ご注文は オンラインショップコンセプト 会社情報 ゐざさブランド 店舗情報

健康

ゐざさと健康
柿の葉すしについて
ひと言コラム
被災地復興支援
ゐざさのお寿司
季節の限定商品
夏の柿の葉寿司
うなぎと鱧のお寿司
父の日ギフト
夏の恵方巻
冷凍商品
冷凍蒸しずし・ちまき
詰合せ商品
ゐざさ寿司
柿の葉すし
棒鮨・桜寿司
ギフト好適品
ご注文はこちらへ

ひと言コラム

 



現在、食用としてれんこんを食べているのは、日本と中国などのわずかな国々のようです。
れんこんに穴があいてところから「先が見通せる」として、日本ではお節料理やお祝い事などの
慶事に欠かせない食べ物となっています。

 

れんこんの旬は・・・

旬は晩秋から冬です。7月の下旬ごろから早掘りのれんこんが新れんこんとして出回り、翌年
5月までに順次出回りますが、11〜3月がピークとなります。

れんこんは「蓮根」と書きますが、実際は蓮(はす)の根ではなく、地下茎(ちかけい)という茎が
ふくらんだものです。地下茎とは土の中に伸びる茎のことで、ジャガイモも地下茎が肥大したも
のです。蓮の地下茎は水底の泥の中で肥大化し、それがいくつかの節でつながっています。
蓮には観賞用と食用があり、観賞用のものは食用に向きません。

蓮の原産地は中国、エジプト、インドと諸説あり、かなり古くからあったようです。日本でも弥生
時代にはすでに存在したとされています。それを裏付けているのが 「大賀ハス」 や 「行田ハス
(古代ハス)」 です。

 

れんこんの栄養と効能・・・

れんこんは、ビタミンC、食物繊維、カリウムを多く含んでいます。
でんぷん質が多いので、熱に弱いビタミンCが失われにくい野菜です。
ペクチンなどの食物繊維も多く、便秘解消や高血圧予防などの効果があります。腸の活動を
活発にし、老廃物の排出を助けます。
また、食物繊維には血圧を保ったりコレステロールを低下させる効果があります。
塩分を体外に排出するのを助けてくれる、カリウムも多く含んでいます。

ビタミンCは疲労回復に効果があり、細胞同士をつなげるコラーゲンを生成して、血管や粘膜を
丈夫にし、肌にはりを与えたり、ウィルスの核酸を破壊して風邪をひきにくくする作用があると言
われています。
例えば、ほうれん草と比較しますとビタミンC(r)量は、
れんこん→48r、ほうれん草→35r
となります。
れんこんをたくさん摂ることで、風邪の予防にもつながりますね。

 

民間療法としては・・・下記のようなことも言われています。

  • 鼻づまりに→れんこんのおろし汁をガーゼや綿に湿らせて鼻孔につめます。
    これを左右交互に繰り返して行なうと鼻が通るようになります。特に節の部分が効果的。

  • 咳止め、二日酔いに→特に節の部分をすりおろしてしぼった汁を飲むと、たんを切り、
    咳止めや二日酔いに効果があるとされています。皮むかずにおろす方が、薬果がある
    そうです。

  • 風邪に→れんこんのしぼり汁に大根のおろし汁を同量合わせて、熱湯で薄めて飲みます。

 

れんこんの保存方法・・・

れんこんは乾燥に弱い野菜です。ひと節丸ごとのものは、濡れた新聞紙やキッチンペーパーで
包んでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。丸ごとのほうが日持ちが良いようです。
また、れんこんは水に浸して保存することも可能です。容器に入れて全体を水に浸して冷蔵保存
すれば日持ちがよくなります(水は毎日取り替えてください)。 ただ、れんこんのビタミンCが水に
溶け出てしまいますので、なるべく早めに使われると良いでしょう。

これから寒くなる時期。益々、れんこんは旬を迎えます。

煮物やサラダ、すりおろしてお豆腐やミンチ肉とあわせてお団子やハンバーグに。
素揚げにしてチップスや素揚げ浸し、天ぷらなど、どんなお料理でも摂りやすいれんこん。

お正月や慶事だけではなく、普段から好んで食べたい野菜ですね。

2017 11. 28 更新    



⇒ 「ひと言コラム」 バックナンバーを読む

ページの先頭へ
〒631-0011 奈良県奈良市押熊町2171-1 TEL:0742-48-5000 COPYRIGHT 2007 IZASA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.