ゐざさ >TOP >サイトマップ >お問い合わせ
ゐざさの種類 ゐざさのお寿司 ゐざさと健康 奈良市押熊町平城山店
奈良市春日野町東大寺店
柿の葉すし・ゐざさ寿司の味わい方 ご注文は オンラインショップコンセプト 会社情報 ゐざさブランド 店舗情報

健康

ゐざさと健康
柿の葉すしについて
ひと言コラム
被災地復興支援
ゐざさのお寿司
季節の限定商品
紅葉柿の葉寿司
初春の柿の葉寿司
お寿司 めぐみの冬
季節の詰合せ
クリスマス限定品
迎春のお寿司
ゐざさのおせち
冷凍商品
冷凍蒸しずし・ちまき
詰合せ商品
ゐざさ寿司
柿の葉すし
棒鮨・桜寿司
ギフト好適品
ご注文はこちらへ

ひと言コラム

 




今回は 『節分と節分に食べる巻き寿司について』 です。
・節分は2月だけ?!
・恵方巻は、まるごと一本を食べきる?!・・・等
お考えになったことは、ありませんか?

 

節分とは・・・

節分とは、元々は季節の分かれ目を言い、『立春、立夏、立秋、立冬の前日』のことをさします。
昔は、立春が新年の始まりにも相当する大事な節目だと考えられていたこともあり、他の節分
より重要視されたようです。
立春の前日は、今でいう大晦日だったのです。
一年の終わりの日に、その年の厄を祓い新しい年に多くの福が訪れるように、と願いを込めて
海苔巻きを食べたのが、恵方巻の起源とも言われています。
また、海苔巻きを食べるようになった理由は、この時期にちょうどお新香(漬物)が漬かることか
ら、お新香を巻いた海苔巻きを食べて縁起を担いだと言われています。
今日のような恵方巻のかたちとなった由来には諸説あり、はっきりはわかっていません。

巻き寿司をその年の吉をもたらす方角(恵方)に向かい、願い事をしながら一本を丸かじりする。
(2018年は南南東)
巻き寿司を切らずに丸ごと食べるのは、縁を切らないという縁起を担いだものです。丸かぶり寿
司や恵方寿司とも呼ばれます。

 

巻き寿司の具材

巻き寿司の具材には、穴子やうなぎ・たまご・しいたけ・干瓢・おぼろ(でんぶ)・きゅうり・高野豆腐
等、様々あります。七福神にちなんで、7種の具材を巻き縁起を担ぐものもあり、見た目もきれい
な巻き寿司も多いです。
具材が多くなると巻き寿司も太くなりやすく、お子様やご高齢の方は、一本を丸かじりすることが
難しい場合もあるかもしれないですね。縁起を大切にすることも良いことですが、一本を半分に
する、や具材をシンプルにし細巻きにして、それぞれの方々が恵方巻を楽しみながら食べられる
ことを優先されるのも、良いことではないでしょうか。

 

ご紹介しました具材のほかに、レタスやほうれん草・人参などの野菜巻きや、海鮮のほかにお肉
をお好みの味で味付けされたものを巻く寿司など、ご家庭ごとの恵方巻を楽しまれてみてはいか
がでしょうか。

 

中谷本舗では、2月の節分と、立夏の頃にも、季節の恵方巻を毎年ご用意しております。
節分の折には、ぜひご賞味くださいませ。



2018 1. 29 更新    



⇒ 「ひと言コラム」 バックナンバーを読む

ページの先頭へ
〒631-0011 奈良県奈良市押熊町2171-1 TEL:0742-48-5000 COPYRIGHT 2007 IZASA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.