初夏の食材

碾茶
碾茶(てんちゃ)
碾茶は抹茶(まっちゃ)を粉末にする前のもので、緑茶の一種です。 碾茶には、肌をきれいにし、免疫力を高める働きがあるビタミンCや、血液をさらさらにして生活習慣病の予防をするビタミンEが含まれています。 それ以外にも、眠気覚まし等の覚醒効果、興奮作用、利尿作用等の効果があるカフェインや、柿や緑茶などに含まれるポリフェノールの一種で、活性酸素を除去する抗酸化作用があるタンニンが含まれています。
よもぎ
よもぎ
よもぎは、ビタミンCをはじめ、ビタミンE、ビタミンB1・B2、ビタミンD、ビタミンA、カルシウム、鉄、 カリウム、食物繊維等、豊富な栄養素が含まれており、女性に嬉しいアンチエイジングや美肌効果、発毛促進効果などもあります。 また、抗ウィルスや抗細菌効果や、子宮活動の正常化や気管支炎を改善する働きがあります。
あじ
あじ
アジは、骨や歯をつくるカルシウムや、からだの成長と細胞の再生を助けるビタミンB2の多い食品です。 特に青背魚の脂肪には不飽和脂肪酸である、DHA(ドコサヘキサエン)やEPA(エイコサペンタエン)が多く含まれています。 EPAは、血中のコレステロールを下げて血栓をできにくくする働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症を防ぐ働きが期待されています。 DHAは、脳の発達によく、認知症を防ぐ働きが期待されています。

ページトップ先頭へ