健康情報

吉野桜寿司
お酢の働き 黒酢について
2018. 04.07 NEW!

おすしを作る際に欠かすことのできないものが、お酢です。今回は、お酢の働きと近年、注目されることの多い黒酢についてご紹介させていただきます。

お酢(食酢)のいろいろ

お酢(食酢)は、農林水産省が定めた「食酢品質表示基準」で分類されています。 そのうちの醸造酢の中に、穀物酢と果実酢があります。さらに穀物酢の中に、米酢・米黒酢・大麦黒酢と分類されています。

お酢(食酢)は、農林水産省が定めた「食酢品質表示基準」で分類されています。 そのうちの醸造酢の中に、穀物酢と果実酢があります。さらに穀物酢の中に、米酢・米黒酢・大麦黒酢と分類されています。

米酢→穀物酢のうち米の使用量が穀物酢1リットルにつき40g以上のもの。原材料が100%米のものは「純米酢」と表示されます。

米黒酢→精製していない玄米を使用し、穀物酢1リットルにつき180g以上の米の使用量で、長い期間発酵・熟成され褐色または黒褐色に色付いたもの。
日本で有名な産地は鹿児島県です。

大麦黒酢→原料として大麦のみを使用したもので、大麦の使用量が穀物酢1リットルにつき180g以上で、発酵及び熟成により褐色または黒褐色に色付いたもの。

手まり寿司
節分と恵方巻について
2018. 01.28
今回は 『節分と節分に食べる巻き寿司について』 です。
・節分は2月だけ?!
・恵方巻は、まるごと一本を食べきる?!・・・等
お考えになったことは、ありませんか?

古くから貴人たちに愛されてきた大自然 奈良・奥吉野の地で、人々が大切に受け継いできた伝統食文化には、人々に愛され続けるだけの理由がしっかりと存在していました。ゐざさでは、専門の先生方にご教授いただき、伝統食についての研究を進めていくなかで、これまで漠然としていた「柿の葉すし=からだに良い、保存食」というイメージに、近代栄養学に基く科学的裏付けをとることができました。 こちらのページでは、伝統食(お寿司)がもつ栄養素や、栄養バランスを考えたお寿司に合う献立メニューのご紹介など、健康をキーワードにしたいろいろな情報をご紹介させていただきます。
監修|ゐざさ  管理栄養士:鷹影 未歩子 栄養士:長谷 尚美

ページトップ先頭へ