歴史

ギフトのこと

【2022年はいつ】母の日におすすめのギフトとは

5月の第2日曜日は母の日。お母さんに感謝する日ですが、その由来や起源はご存じでしょうか?歴史や母の日のギフトにおすすめの商品などをご紹介します。
商品のこと

歴史から紐解くおせち料理の由来や語源とは?

今や多種多様な種類が販売されている「おせち」。その歴史や由来はご存じでしょうか?語源なども含めて調べてみました。
季節のこと

【2022年はいつ】土用の丑の日に鰻を食べる訳

夏が近づくと、スーパーなどで「土用の丑の日」のポスターを見かける機会が多くなります。「土用の丑の日」と言えば、うなぎを食べるのが習慣ですが、なぜうなぎを食べるのでしょう?そもそも「土用の丑の日」とは?由来などを紐解きます。
柿の葉寿司のこと

奈良発祥の郷土料理「柿の葉寿司」とは

柿の葉寿司の歴史と由来について、メーカーである奈良の「ゐざさ」中谷本舗が解説します。紀伊半島にも存在していた「鯖街道」が柿の葉寿司の誕生に深く関わっている?なぜ柿の葉で包むの?その理由を解明していきます。
柿の葉寿司のこと

05. バラエティに富んだ上方のすし【お寿司のルーツ】

関西(上方)で愛される様々なお寿司をご紹介します。箱寿司や蒸し寿司など、握り寿司にはない風情を感じる郷土のお寿司です。
柿の葉寿司のこと

04. もう一つの「鯖街道」【お寿司のルーツ】

京都と若狭を結ぶ鯖街道は有名ですが、実は紀伊半島にも鯖街道がありました。この鯖街道のおかげで紀伊半島には寿司文化が根付きます。
柿の葉寿司のこと

02. <生なれずし>の登場【お寿司のルーツ】

保存食だった<なれずし>が今のようにご飯も一緒に食べるようになったのは室町時代。<早なれずし>の誕生です。
柿の葉寿司のこと

01.すしのルーツは、東南アジア【お寿司のルーツ】

「すし」の原型は、紀元前の東南アジア、特にタイの東北部やミャンマーなどの平野部で、稲作とともに成立した魚の保存食。では、日本でいつから「すし」が食べられていたのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました